ブログ初心者こそプログラミングを触っておくべき3つの理由

こんにちは、こんばんは、すめしです。

ブログを本格的に始めて一ヶ月ほど経過しました。

よく感じるのは、「フロントかじってて助かった~」ということです。

フロントとは

フロントエンジニアリング:HTMLやCSS、Javascriptなどの画面表示系のプログラミング言語のこと

というわけでWordPressの設定でなにかと詰まりやすい人へ、私が思うブログ初心者こそプログラミングを触っておくべきだと感じた理由をお話します。

スポンサーリンク

学んだことがすぐに活きるのでコスパが高い

プログラミングがある程度できると、コードをいじれるようになります。

これは当たり前な話ですよね。

ただこのある程度のラインが、ブログ初心者であればかなり低いんですよ。

というのも、WordPressのちょっとしたトラブル解決やちょっといじりたい位のレベルなら12時間位勉強したら十分活きます

こんなウマい話が他にありますでしょうか、ぱねえ。

ちなみに、12時間の根拠は「Progate」というWebアプリで「HTML+CSS」というコースを初級編から上級編までを行った場合の目安の時間です。

なお「道場コース」は含んでおりません。

Webデザイナー志望の方でしたら「道場コース」もぜひやるべきですが、ブログを最低限イジれたい程度でしたらたちまちは不要です。

ただ、Progateは月あたり980円(税込み)の月額課金制なので、「うっ」とくる人もいそうですね。

しかし、12時間でざっと勉強して即解約すれば980円でフロントエンドエンジニアリングの基礎を実際に手を動かしながら身につけられるので「参考本を買った」と思えば安いくらいなのではないでしょうか。

プラグインを不用意に入れずに済むので管理が楽になり、表示速度が下がらない

例えばこちらの記事で私が実際に行った「ブログカード実装」を例に説明します。

私もブログ初心者なのでよくわかりますが、欲しい機能があったらとりあえず「プラグインのインストール」でなんとかしようと思ってしまいませんか?

もちろん「pz-linkcard」などの高評価を獲得しているプラグインもありますのでこれを利用する手もあります。

しかし、実はプラグイン無しで実現できることまでプラグインで処理していると、ページの読み込みに時間がかかってしまう「重い」という状態になってしまいます。

そもそもpz-linkcardというプラグイン自体重いという話もあるようです。

また、プラグインでガッチガチに武装するとWordPressのアップデートがあった時対応できているプラグインやできていないプラグインの整理が大変になります。

一時的に、とはいえサイトが崩れてしまうとGoogleの評価自体も下がってしまうこともありえます。

こうした事態を避けるためにも事前にプログラミングを触っておきましょう

参考になるサイトを見ても「知識がないから~」「技術ないし怖いから~」と逃げたくなる気持ちが少し減ります。

それに参考サイトから引用した結果「なんか思ってたのと少し違う」と思った時に自分の手で修正も可能となります

例えば上記の記事では事前にProgateで勉強していたことで、参考にした記事のCSSコードをちょっといじることができました。

いじった内容としては

  • カードにカーソルを当てた時に色が変わる
  • レスポンシブ化(スマホで閲覧した時に画面の挙動を変える)

などです。

このように、自分の手でWordPressを育てていけるようになるのです。

スポンサーリンク

ネット上のコードを自分のサイト仕様に落とし込める

ネット上のコードたちは、コピペでとりあえず動作してくれるものと、コピペでは動作してくれない物があります。

プログラミングを勉強することでコピペだけでは動作しないコードも自分の物にできるのです。

例えばこちらの記事で触れた「お問い合わせページ作成」機能で作成した送信ボタンが簡素すぎる問題。

これもProgate12時間勉強の内容で修正することができます。

【ブログ初心者向け】お問い合わせページの作り方【秒で終わらせる】 | すめの、前だけ見てがんばるブログ

こんにちは、すめしです。AdSense審査に通るのに、「お問い合わせページ」「プライバシーポリシー」が要るということで、作っても見たら瞬殺だったので備忘録です。今回はお問い合わせページのお話。

blog - ブログ初心者こそプログラミングを触っておくべき3つの理由

この記事では何食わぬ顔で「CSS追記してね」などといっておりますが、このコードはすべてオリジナルではなく、元ネタが存在します。

もちろんこのままのコードではうまくボタンの体にはなりませんが、それはこのコードの『鍵』となる部分が「お問い合わせページ作成」機能の『鍵穴』と一致しないからなのです。

鍵穴の形状はWebページのデベロッパーツールを見ることでわかるので、その鍵穴に会うように鍵部分をうまく変更することで、ボタンをカタチにすることができます。

デベロッパーツールでクラス確認

鍵穴はここで確認できます

ここでの「鍵」や「鍵穴」は「クラス」と呼ばれているものなのですがProgateでは初級編で登場する基礎中の基礎(Progateでなくてもかなり序盤に登場するものです)。

「なんかうまくいかないなあ」は実は簡単に解決できる場合が多いんです。

まとめ:考え方にも変化アリ

プログラミングをおすすめする理由、おわかりいただけましたでしょうか。

上で挙げた3つの理由は目に見えやすい部分を選びましたが、実は目に見えにくいメリットをもう一つ感じています。

それは欲しい機能Aがあった時の探し方が

Before:「Aを実装するプラグインあるかな~」

After:「AはBをCすればできそうや。BをCするほう方法をググるか、、、」

という考え方が変わったことです。

検索でのヒット率が断然違いますし、プラグインの影響をうけません。

サイトへの愛着も上がりますよ笑

もちろんはじめからキレイに仕上がっているものは利用するに越した事はありません。

しかし、自分がこれと思うものがなければ作ってしまえば良いんですよ。

今回はProgateを例に出してお話しましたが、別にツールは問いません。

参考書blog - ブログ初心者こそプログラミングを触っておくべき3つの理由を買うも良し、blog - ブログ初心者こそプログラミングを触っておくべき3つの理由TechAcademyCodeCampblog - ブログ初心者こそプログラミングを触っておくべき3つの理由などのオンラインスクールでも良いと思います。

Progateも他のオンラインスクールも無料で体験できるので、どれが一番あなたの肌に合うのか試してみても良いのかもしれません。

すめしすめし

ブログ初心者の方は、ツールは何であれぜひプログラミングを学んで楽しいブログライフを!